給湯器の寿命

新しい風呂

給湯器の耐用年数は10年程度と言われています。使用頻度により多少差はでてくると思いますが一つの目安にしてください。10年ぐらい使用すると、何かしらの不具合を感じることはないでしょうか。シャワーを浴びていたら急に熱湯が出てきたり、お湯張りが完了したので入ってみたらいつもよりぬるかったり、給湯するたびにボンと大きな音がしたりなどです。これらのことがあれば、交換のサインかもしれません。業者に連絡して、点検してもらったほうがいいでしょう。冬場は給湯器にも負担がかかり、壊れやすいようで工事依頼も増えるそうです。壊れる前に早めに交換をした方がいいでしょう。又、10年を経過すると部品供給ができないケースが多いようです。修理できるうちはいいのですが、部品がない場合はやはり交換になります。

給湯器の交換をする際、どこに依頼するのがいいでしょうか。ガス給湯器だからガス会社の関連会社、自宅の施工でお世話になった工務店、インターネット注文もできるガス器具専門業者などさまざまです。どこに依頼する場合も給湯器メーカーにはさほどかわりはないでしょう。しかし販売価格には随分と開きがありますので、比較してみてください。工事費用も見積もりをとることで比較できます。費用面も大切ですが、アフターサービスの充実度も判断材料にしてください。メーカーの保証期間以外にも、業者が独自に無料保証期間を設けていることもあります。給湯器交換後、新たに10年使用する訳ですから、いつでも修理に来てくれる業者の方が安心です。